書き込む

ルシファーHL(ダークラプチャ)火属性攻略

    この投稿は しらめり が 2019-8-15 18:05 に編集された

     皆さんお久しぶり。無料十連爆死しつづけているしらめりです。フェス中虹0ってひどくない?KMR俺のサテュロスを返せ!
     ってことで、最近はようやく時間が空いたので、ちょっとルシファーHLの攻略経験談を書いてみようと思う。火有利古戦場はまもなくくるので、火の終末武器を入手しようと考える人も多いと思います。だから今回は火パの攻略を書いていこうと思います。
     これからも他の属性のルシファーHL攻略を書いていく予定なので、次は闇かな?

    キャラ

    コアキャラ
    アテナ.jpg アテナ
     アテナは火パの数少ないかつ優秀な防御キャラ。1アビの被ダメ転換と40%カットはプロメテウスやファランクスなどと合わせて100カットできる。3アビは主にスロウがあるのが嬉しい。特にファーさんの環境だと、アテナはほぼ確実に毎ターンターゲットにされる。つまり、戦闘開始数ターン後女神の怒りが5貯めたら、毎ターン200万以上のスキルダメージを与えられる。攻守兼備でまさしく戦場の女神。持ってない方はサブチケなどでなんとかしましょう。

    アニラ.jpg アニラ(最終)
     アニラの3アビは奥義加速や弱体耐性がついている。特に序盤のOD特殊技は裂傷などの厄介なデバフを付与してくるので、弱体耐性はとても役に立つ。ファーさん戦だと、1アビは一度に12個のデバフをかけられるので、現時点で試練10(デバフ10個)を解除するのに一番便利。試練9(ダメージ30回)も火パ担当の場合が多いので、ダメージ数稼ぎにもなる。ほかに2アビもたまに外れるがスロウがついていて、4アビの回復も優秀。入手がちょっと難しいのが問題。

    相談可キャラ
    エッセル.jpg エッセル
     火パの火力担当、頑張れば誰でも入手できる。奥義は天蓋花(暗闇)を付与できるので、参戦者のダメージ軽減になる。3アビは10回のダメージなので、試練9(ダメージ30回)の解除にも役に立つ。エッセルを連れている火パなら、ファーさん本体25%ぐらいでエッセル砲を準備して、10%になったら一気に削ってく戦法もある。

    フラウ.jpg フラウ
     十賢者の一人、デーモンの契約者。サブから出たフラウはダメージアビリティが二回発動の効果を得る(賢者の出し方は後で説明する)。つまりフラウは回復二回、クリア二回、ディスペル二回を持つキャラになる。3アビの攻防アップ累積も火力の保障になる。ファーさんとの相性はバッチリ。
     2アビの「悪夢への誘い」は「命中率が非常に高く、現状存在している敵すべてに対して無効化されることのない」と説明されている。1アビに合わせば4ターンの間、高い確率で敵の行動を阻害できる。唯一の問題は賢者の入手はとても時間がかかって、現状所持している人も少ないことかな。

    アラナン.jpg アラナン
     十賢者の一人、サーンの契約者。最強の瞬間火力とも言われる。が、ファーさんみたいな長期戦になるとちょっと無力なイメージ。しかし賢者というのはサブにいる時発動できる効果もある。アラナンの場合は「火属性キャラの回復性能UP/ターンダメージを受けた時に弱体効果を1つ回復」の効果になるので、アラナンを前に出さないほうがいい。回復性能はパーティの耐久力を上げられるし、クリアは序盤のOD特殊技の裂傷などに効果がある。でもアニラも入れてる場合は、気持ち程度の効果しかないかもしれない。

    賢者の出し方について
     賢者の正位置効果を発動するために、メンバ交換のスキルは無効なので、フロントの誰かを落とすのが一番手っ取り早い。ここでの考えはいくつある。
     開幕で、ファーさんは全体に三万の無属性ダメージを与えるので、フロントにHP三万未満のキャラを置けばクエストに入ったらすぐ賢者を出せる。他属性のキャラを置くのは一番簡単だが、終末武器の素材を入手するためにはその属性のキャラのみでクリアする必要があるので、初見の方は注意してください。自属性の低レベルのRキャラを置くという手もあり。
     もし自属性の低レベルのRキャラのHPも3万を超えた場合、かばうキャラを連れるのもあり。戦闘開始後、本体最初のCT最大のとき、かばうキャラで受けて落とす。注意すべきのはSSRキャラがかばうで受けても100%落とせる保障がない。参戦者のファラとかに影響されやすい。最初のCT最大の特殊技で落とさなかったら、色々面倒になる。特にアギエルバの場合はほんとに固くて死ににくい(涙まみれ経験談)。なので、この方法を採用する場合はサイトストーリで取れるSRノイシュがオススメ。
     終末素材をすでに入手した方、または素材を気にしない方は自分が使っている方法を紹介します。編成はこんな感じ。
    編成 (1).png


     セワスチアンは倒れてもサブで味方全体に再生効果を付与できるので、前に置いた。で、クエストに入ってアンチラが前に出る。そしてアンチラ1アビで全回復して、最初の特殊技をアンチラで受けて(アンチラの奥義を使わないように)、確実に落とせる。で、フラウが前に出る。


    武器編成

    編成 (3).png

     初見の方はパーティメンバのHPを4万以上にしたほうがいいと思う。
     アグニス編成の例で紹介します。マグナ編成もHPが4万ぐらいあれば、空いたところにコロ杖を積めばいいと思います。

    イクサバ.jpg イクサバ:アグニス編成のメイン。3本以上がほしい

    パラスの剣.jpg アテナ剣:アグニス編成の攻刃守護武器。本数はHPの需要に応じて調節可能。

    クリームゾンフィンガ.jpg クリムゾンフィンガ:アグニスの背水武器。なくてもあまり影響がない。

    バルムンク.jpg バルムンク:守護大と背水小。HPがどうしても足りなかったらオススメ。

    朱雀光剣王.jpg 朱雀光剣(王):攻刃Ⅱと守護小の武器

    絶対否定の大鎌.jpg 終末武器:神石編成なら永遠否定、マグナ編成なら永遠拒絶で。4凸にスキルレベルはできるだけ高いほうがいい。

    オメガ槍.jpg オメガ槍:主人公のスパルタとコアメンバのアニラ、アテナの3人とも槍得意なので、オメガ槍が一番。スキルは闘争がオススメ

    虚空の楔槍.jpg 虚空槍:オメガ槍と同じく、採用の理由は編成内に槍得意が3人いる。そして主人公のメイン武器に使う時、奥義付与効果の活性と再生はHP管理に使いやすい。

    ウシュムガル.jpg EX枠:火力を出すための枠なので、初見またはまだなれてない方はローズクイーンの弓がオススメ。

    シヴァ剣.jpg シヴァ剣:マグナ編成の攻刃守護武器。3本ぐらい

    コロ杖.jpg コロ杖:マグナの攻刃武器。アグニス編成でも枠が空いたら1本入れてもいい。

    召喚石

    編成 (4).png

     神石編成の場合、メイン石はアグニス×属性がオススメ。HPがきつい方はアグニス×アグニスでもいい。マグナ編成も同じ感じで

    サン.jpg サーン(3凸以上)
     1000万試練と試練9を解除するときに役に立つ。ほぼ必須だと言える。

    ミカエル.jpg ミカエル
     ディスペルとスロウが同時についているとても優秀な召喚石。火パの場合、3凸のミカエルは120%の属性加護もあるので、メイン石として使って、空いた枠にほかの召喚石をいれたら、パーティの安定性も向上する。

    アテナ.jpg アテナ
     ダメカ要員。ファラに合わせて100カットできる。ルシファーの環境だと需要が多い石。

    テュポーン.jpg テュポーン
     ルシファー戦には気をつけなきゃいけない仕組みがある。OD時、本体と翼が同時にCT最大の特殊技は無属性カット無視のパラダイスロスト。普通はスロウなどでCTを調整するんだが、スロウが外れるなどでどうしても両方MAXになるときもある(特にまだなれないうちはよくあること)。そこでテュポーンを持っていたら、事故率を大きく減少できる。4凸のテュポーンは奥義ゲージ+100%の効果も追加するので、試練のタイミングに合わせて使える。

    ルシフェル.jpg ルシフェル(4凸以上)
     召喚でHP3000回復できる。HP管理に使いやすい石。

    バハムート.jpg バハムート(4凸以上)
     1000万試練に使う火力石。火パはサーンがあるので、そんなに需要があるわけではない。

    黒麒麟.jpg 黒麒麟(3凸)
     味方全体が即座にアビリティ発動可能にできる。ファラが詰まったときとかに使うとても便利な石。

    プロメテウス.jpg プロメテウス(4凸)
     風属性ダメージ60%カット。アテナの1アビと同時に使えば100%の風ダメカットができる。パラロスは無属性ダメカが無効なだけなので、被ダメ変換+100風ダメカでは受けられる。


    立ち回り

     ファーさん戦は黒翼100%→黒翼50%→試練→黒翼討伐→本体討伐の順で進むパターンが多い。今回はそのパターンについて、参考までに火パ初見の立ち回りを紹介していきたいと思います。使用する編成はこちら↓

    編成 (2).png

     重要なのは無理に動かないこと!両方CT最大とか、特殊技を受けたらやばいとかの時は他のメンバと相談して待ちましょう!

    開幕:
     開幕時3万の無属性ダメージが飛んでくる。HPを3万以上にするか、またはHP3万未満のダミーを代わりに受けてもらう。受けったらスタンプ後オールポーションで回復。ダミー二人入れた場合は、キュアポーションでHP少ない二人に回復するのもいい

    黒翼100%~70%:
     主人公は本体にディスペルのあと、ターゲットを黒翼にエッセルの3、2アビ、アニラの134、アテナの2アビ。で、風パのデバフ付与を待ち、ファラが来たら攻撃。注意すべくのは初ターン以降試練までの間はダメアビを温存すること。じゃないとし試練の時にダメアビのCTが回らないこともある。
     ファーさんのCTが最大になったらファラとかばうかアテナ1アビで特殊技を受ける。1ターン経過後主人公はファーさんにスロウ(外れても特に問題ない)。もう1ターン経過したら、黒翼がCT最大になるはずなので、ファラだけで受ける。
     黒翼1回目の特殊技を受けたら「禁忌の果実」というバフが付与される。禁忌の果実は奥義ダメージが大きく上昇し、奥義発動後無属性10000ダメージを受ける状態。火パの場合、ここは禁忌の果実の効果時間が終わるまで奥義をオフにしましょう。
     この時黒翼のHPは70%ぐらいになるはず。


    黒翼70%~50%:
     70%踏んだら、黒翼は敵の弱体効果全回復 (※1人目のみ)、味方の強化効果全消去、ルシファーに終末へのカウントダウンを付与する。ここからはメンバを落とさないよう注意しましょう。デバフが付与された場合はクリアオールをお願いしましょう。
     風パがデバフを入れ直すのを待って、戦闘再開。奥義はオフのまま。ここで本体の二回目の特殊技も来るので、100カットで受けましょう。HPが危険になったら気にせずポーションを使いましょう。
     再開後、はタイミングに合わせてミカエル、アニラの2アビ、アテナの3アビで敵のCTを管理すること。要するに、黒翼が50%になる前に、黒翼に2回目の特殊技を使わせないこと。黒翼2回目の特殊技はまず本体に「福音の黒翼」を付与する。「福音の黒翼」は開幕から本体に付与されていて、付与されている時本体はダメージが通らないと考えればいい。黒翼1回目の特殊技からは「福音の黒翼」を解除、「福音の黒翼」を付与、「福音の黒翼」を解除の順で発動する。が、HPが50%以下なら、「福音の黒翼」を付与しない。初見の方は2回目の特殊技を受けないほうが、順調に進める。
     この段階で本体と黒翼両方CT最大になったらもう攻撃しないこと。あと50%になるまではサーン、ダメアビ、フルチェーンを準備すること。動きにくくなったらそのまま待てばいい。黒翼50%はバフ消去するので、火パは最初に踏まない用にしよう。黒翼が50%になったら、本体の弱体効果全回復、十二試練を付与。

    十二試練:

    試練Ⅰ~Ⅵ:各属性ごと1ターン内本体に1000万の自属性ダメージを与えることで解除
    試練Ⅶ:キャラの弱点属性の攻撃を行う。1ターンに200万の無属性ダメージを与えることで解除。普通は闇パか土パ担当
    試練Ⅷ:全属性ダメカをぶしして攻撃を行う状態。OVER CHAINを発動することで解除。土パ担当(一番重要な試練)
    試練Ⅸ:毎ターンHPが回復する状態。1ターン30回以上の攻撃で解除。普通は火パ担当
    試練Ⅹ:毎ターン味方全体にランダムな弱体効果を付与する状態。ターン終了時に10個以上の弱体効果が付与されていると解除。主に風パと火パ(アニラ)担当
    試練Ⅺ:毎ターン味方全体の強化効果を2つ無効化する状態。特殊技「パラダイスロスト」を発動させると解除。受けられるパーティが担当
    試練Ⅻ:毎ターン味方全体に無属性ダメージを3回与える状態。すべての試練を乗り越えると解除。


     試練解除の手順はデバフをかける→闇パ無属性試練(できなかったら土パで)→土パ5チェーン→他属性の1000万試練(火パの30回試練含む)→パラロスの順で解除していく。その中で一番重要なのは5チェーンの試練なんだが、火パの役割じゃないので気にしなくていい(解除できなかったらほぼ撤退してもいいんだけど)。とにかく、5チェーンが解除される前は攻撃しないこと。
     十二試練が出たあと、火パのやることはまずターゲットを本体に変更(重要!)。で、サーンと全部のダメアビを本体に投げる。最後5チェーンが解除されたら奥義をオンにして攻撃。試練解除する時は参戦者も試練解除しているので、本体のHPが一気に削られることもあるので、攻撃する時はHPトリガーを注意すること。本体95%の特殊技は単体大ダメージ、100カットが必要。試練が全部解除されたら本体は85%ぐらいになるはず。85%の特殊技はランダム三回ダメージ、70カットで受けてもいいが、念の為100カットで受けましょう。

    黒翼50%~0:
     試練を解除したら、ターゲットを黒翼に戻す。黒翼二回目の奥義は味方全体に「生命の果実」というバフを付与する。「生命の果実」はアビリティを使う時、味方全体のHPを4000回復する効果。全員アビリティを使ったら16000のHPも回復できる。しかし生命の果実と一緒にアンデットも付与されるので、回復する前にクリアオールをもらいましょう。
     他にはCT両方MAXにならないように調整すること。

    本体~25%:
     翼を倒したら、本体のHPは大体85%~75%ぐらいになるはず。黒翼を倒してない間に本体が75%になったら、また本体にランダム属性1000万試練とデバフ試練を付与するが、あまり気にせず付与されたらまた十二試練の1000万ダメージの手順で解除すればいい。
     この段階はHPトリガーさえ気をつければ問題ない。特殊技はできるだけ100%カットで。
     70%はチャージMAX、60%は全体ランダム多段攻撃(かばう不可、100%カット推薦)、55%チャージMAX、50%は最初に踏んだ一人目に単体大ダメージ(100%カット)、~25%まではHPトリガーなし。

    本体25%~10%:
     25%の特殊技は編成内に同じ種族のキャラがいる場合、配置が後ろのキャラにHP100%無属性ダメージ(※即死回避・無敵貫通/サブ枠にもダメ判定あり)。逆に言えば、編成内に同じ種族のキャラがいない場合、もしくは生きているキャラに同じ種族のキャラがいない場合はノーダメージで通過できる。そして25%の特殊技は「ジ・エンド」以外のトリガーよりは優先する。つまり25%を踏まずに10%を踏んだら、まずは25%の特殊技が来て、次のターンに10%の特殊技が来るという仕組み。
     25%のトリガーは召喚不可・復活不可付与、フィールド「天の水門」を展開(アーカーシャと同じ複数ターン進む効果)。
     この段階で、火パのやり方は二種類ある。
    •  一つはエッセルを連れている場合。25%になる前にサーンとエッセルの2、4アビ、奥義ゲージは70%以上になると準備しておく。で、25%になったら踏まずに10%を待つ。10%になったら、デバフ後にエッセル砲を打って終了。
    • 2つは普通に踏んでいく。他のトリガーは20%と15%。70%カット以上でOK。10%を踏む前にアテナの1アビを準備しておくこと。


    10%~:
    デバフかけ直されてから攻撃すること。特に話すことはないが、普通に参戦者全員フルチェーンで削られる。素材ゲット

     もしなにか不明な点や間違っている部分があれば、コメントでお願いします!







    コメント トップに戻る リストに戻る